高価買取のポイントはきれいにすること

見なくなったDVDは買い取ってもらうことをおすすめします。
その場合は、街のDVD買取店やリサイクルショップといったものよりもインターネット上にたくさんあるDVD買取ショップに依頼するほうが高値で買い取って貰える可能性が高いですよ。

ディスクをきれいにする

さらにできるだけ高く買い取ってもらいたいなら、なるべくDVDの状態をよくすることが大切です。
少しの手間で簡単に状態をよくすることができるので、売りに出す前にはぜひ実行しましょう。

まず、落とせる汚れは自分で落としてみることです。
ディスクが汚れている場合、ほこりといった軽い汚れならメガネ拭きなどの柔らかい布を使って拭き取ります。
その際に注意が必要なのがディスクの内側から外側に向かって拭くこと、ディスクのかたちに合わせて円を描くように拭いては傷がつく恐れがあります。
また、ティッシュペーパーを使う人もいますが、却って細かい汚れやほこりがつきやすいのでNGです。

ケースも汚れを落とす

ケースが汚れている場合には消しゴムで擦るのもいいでしょう。
多少の汚れくらいは落ちますし、少し水で濡らした柔らかい布で拭くのもOKです。
あくまでも力を入れ過ぎないように注意しましょう。

中古DVDショップで買ったものの場合には値札シールが貼ってあることもありますが、これも忘れずに剥がしておきましょう。
中古品だとわかると高値で買い取ってもらえないこともありますからね。
簡単に剥がせればいいのですが粘着力が強く剥がれない場合は無理をせずにオイルやシール液を使用するのもいいのですが、もっと手軽にドライヤーの温風を数秒当てると剥がれやすくなるので覚えておくといいですよ。

こういった処置をしてもケースがきれいにならなかったり破損しているなら、同じタイプのケースを100円ショップなどで買って交換するのもいいかもしれません。
レアもののDVDなどなら、ケース交換に多少お金が掛かってもそのほうが買取価格がアップする場合もあります。

関連する記事