こんなDVDは買取してもらえないかも・・・

DVDを買取してもらう場合、やはり気になるのが買取価格ではないでしょうか。
思い出のある品物ならなおさらできるだけ高く買い取ってもらいたいものです。
しかし、中には買取対象外のものもあります。
お店によって対象は異なりますが、次に挙げるものは多くのお店で買取してもらえないので注意しましょう。

買取してもらえないかもしれないDVDとは?

まずDVDのジャンルとして、複数の同一タイトルのもの、輸入物のDVDやブルーレイ、アダルトDVDやブルーレイ、付録のDVDのみ、レンタル用のDVDやブルーレイといったものです。

次に、コンディションによる買取不可なものとしては、ディスクの傷や汚れが挙げられます。
他にも、DVDケースの傷や汚れ、ブックレットの傷や汚れ、破け、日焼け、さらにケースがないなど付属品が欠品しているものがあります。
これらは査定の際のチェックされます。
ただし買取不可となるのはかなり状態の悪い場合で、少々の傷や汚れは査定価格が下がっても買取不可となることはあまりないといえます。

とはいえほこりくらいの汚れでも査定額が下がってしまうこともあるので、事前に布で拭っておくなどきれいな状態にしておくことをおすすめします。
その際、ティッシュペーパーを使う人も少なくないようですが、却って細かなほこりがついたりする恐れがあるので使用しないほうがいいです。
また、日ごろから売るときのことを考えて丁寧に扱うこともお忘れなく。
ケースが汚れていたり破損、欠品しているのなら、100円ショップなどで購入し交換・使用することで査定価格をアップさせるという方法もあります。
しかしこれはあくまでもケースをつけることで高価で買い取ってもらえそうなレアものや人気DVDといった品物に限ります。
普通のDVDでは却ってケース代のほうが高くつくことになりかねません。

もちろん盗品や海賊版やコピー品は買取してもらえません。

関連する記事